筆おろしの瞬間を迎える事が出来てセフレ探しは大成功する

 男女の営みを楽しむ、夢の楽園は7色に輝いているように感じました。
男と女が、痴態を繰り広げられる場所。
シックに装飾された室内。
証明は暗め。
ソファーにテーブル、大きなテレビに、大きなベッド。
生まれて初めて踏み入れた、夢の空間に心は騒いでいました。
童貞の自分とは違い、知鶴ちゃんはさも当たり前のような落ち着いた態度。
備え付けの冷蔵庫から、お茶を取り出し喉をうるおしていました。
落ち着かない気分でいっぱいになり、彼女のスカートに手をかけました。
まくり上げると、シースルーショーツ。
色は白。
陰毛が見えた時、ガツンと衝撃を食らったような感覚。
彼女は少し照れた様子を見せてくれました。
熱いキスから始まり、肉体を触っていきます。
初めての女体に、興奮はうなぎ上り。
筆おろししてもらう相手の肉体を見るため、裸にしました。
美しく、そして麗しい。
何とも魅力的なエロチズム。
オッパイの形。
弾力も良い。
コリコリ乳首がエロい。
開脚させ、生で見るオマンコは、猛烈な卑猥感を漂わせていました。
夢中になって観察に励んでしまっていました。

 

 触って舐めて、フェラをしてもらって、知鶴ちゃんの肉壺で激しい前後運動に励み、白いスペルマをまき散らすことができました!
あまりの気持ちよさに、しばらく呆けてしまっていました。
休憩を挟んで、再びフェラをされると、ムクムクっと起き出してしまう。
今度は彼女が騎乗位で挿入をしてくれました。
初体験で2回戦!
人生で始めての、強烈な悦びに包まれまくった瞬間です。

 

 安全な出会い系でセフレ探しは大成功です。
エロイプから始まった2人の関係は、リアルなものになりました。
「また、会ってあげてもいいんだよ」
知鶴ちゃんに言われ、破顔してしまいました。
ホテルを出るとき、熱いキスもしてもらう。
次回の約束もでき、ホクホクした気分でホテルを後にできました。

定番サイト登録無料

オナ友を探してセフレにするならココ!!

page top